Rad-US
 

講演概要およびQ&A

2013年6月現在、掲載許可の得られたものをPDFで掲載します。

第7回 1997年11月1日(土)

1.消化管のUS −急性腹症を中心に
 中田 典生 東京慈恵会医科大学附属柏病院 放射線科
2.CTによる急性腹症の診断
 水沼 仁孝 大田原赤十字病院 放射線科

第8回 1998年5月16日(土)

1.カラードプラとパワードプラ
 東泉 隆夫 GE横川メディカルシステム株式会社
2.カラードプラのアーチファクト
 入江 健夫 佐野厚生病院 放射線科

第9回 1998年11月14日(土)

3.腹部超音波診断におけるサインと用語
 竹内 和男 虎の門病院 消化器科

第10回 1999年5月22日(土)

2.こどもの超音波診断:基礎の基礎
 相原 敏則 埼玉県立小児医療センター 放射線科

第11回 1999年11月13日(土)

1.超音波診断用造影剤 『レボビスト』〜基礎と臨床〜
 鰐部 幹男 日本シエーリング株式会社 基礎研究部
3.ソノグラファーのための婦人科疾患のMRI
 田中優美子 筑波大学 臨床医学系 放射線医学

第12回 2000年5月13日(土)

1.超音波造影剤の使用経験
 古瀬 純司 国立がんセンター東病院 肝胆膵内科
2.前立腺疾患における超音波診断
 木村  剛 日本医科大学 泌尿器科
3.MRIによる前立腺疾患の診断
 今井  裕 慶應義塾大学 放射線診断科

第13回 2000年11月11日(土)

1.最新の超音波血流診断技術
 東泉 隆夫 GE横川メディカルシステム株式会社
2.肝細胞癌と放射線医学
 大友  邦 東京大学 放射線科

第14回 2001年5月12日(土)

1.カラー/パワ−ドプラ法の本音とPitfa II
 地挽 隆夫 GE横川メディカルシステム
2.Real−timecompound imaging について
 中田 典生 東京慈恵会医科大学附属柏病院 放射線科
3.Dynamic Flow による超音波造影検査について
 水口 安則 国立がんセンター中央病院 放射線診断部
4.B−flow及び Coded Harmonic Angio(CHA)を中心
 大熊  潔 慶應義塾大学 放射線診断科
5.ハナフィーレンズやコヒーレント法などの超音波技術とその臨床応用
 谷口 信行 自治医科大学 臨床検査医学講座

第16回 2002年5月18日(土)

1.骨軟部腫瘍の超音波検査
 入江 健夫 東京慈恵会医科大学 放射線医学教室
2.軟部腫瘍のMRI診断
 原澤 有美 帝京大学医学部 放射線科学教室
3.膝関節のMRI
 新津  守 筑波大学 臨床医学系放射線医学

第17回 2002年11月9日(土)

1.超音波誘導下乳房細胞診および生検
 東野英利子 筑波大学 臨床医学系放射線医学
2.超音波ガイド下での IVR
 渡辺 文彦 聖路加国際病院 放射線科
3.CT透視下生検
 入江 敏之(株)日立製作所日立総合病院 放射線科

第18回 2003年5月17日(土)

1.下肢静脈超音波検査の実際
 金田  智 東京都済生会中央病院 放射線科
2.下肢深部静脈血栓症のCT/MRI診断
 小泉  淳 東海大学 医学部基盤診療学系画像診断学

第19回 2003年11月15(土)

2.腹部超音波検査(スクリーニング、健診)の精度管理
 桑島  章 PL東京健康管理センター 健診部
3.マンモグラフィと乳房超音波検査の精度管理
 角田 博子 聖路加国際病院 放射線科

↑このページのトップへ

第20回 2004年6月5(土)

2.膵疾患のMRI診断
 蒲田 敏文 金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学 放射線科

第21回 2004年11月20日(土)

1.腎領域
 竹林 茂生 横浜市立大学医学部附属市民医療センター 放射線部
2.小児領域
 近藤 良明 長野県立こども病院 放射線科
3.救急領域
 佐藤 通洋 済生会神奈川県病院(現:済生会横浜市東部病院 放射線診断科)

第22回 2005年05月14日(土)

1.フィルム・リーディング・セッション 
 竹林 茂生 横浜市立大学・市民総合医療センター 放射線部
 沼田 和司 横浜市立大学・市民総合医療センター 消化器病センター
2.特別講演 "造影超音波は肝癌の診断、治療を変えうるか?"
 田中 克明 横浜市立大学・市民総合医療センター 副院長

第23回 2005年11月12日(土)

2.differential THIによる腹部領域腫瘍の超音波診断
 水口 安則 国立がんセンター中央病院 臨床検査部
3.腹部領域における超音波検査の役割とそれに応える検査テクニック
 金田  智 東京都済生会中央病院 放射線科

第24回 2006年05月13日

2.マンモグラフィで何がわかるか
 角田 博子 聖路加国際病院 放射線科
3.エコーレベルから推測される組織像
 堀井 理絵 癌研究会癌研究所 病理部

第26回 2007年5月12日(土)

1.LowMI 系造影剤に対応した新しい造影モード
 小笠原正文 GE横河メディカルシステム株式会社 超音波事業部
3.超音波治療に向けた基礎医学からの展望
 近藤  隆 富山大学大学院医学薬学研究部(医学系)放射線基礎医学講座

第27回 2007年10月13日(土)

1.CT、MRI時代(?)の超音波検査
 金田  智 東京都済生会中央病院 放射線科
2.MRIにおけるKupffer Imaging
 谷本 伸弘 慶應義塾大学 放射線診断科

第28回 2008年05月31日

1.断面(層構造)からみた消化管の病理
 井村 穣二 獨協医科大学 病理学(人体分子)
2.消化管のCT診断について
 白神 伸之 東邦大学医療センター大森病院 放射線科
3.消化管疾患の超音波診断
 畠  二郎 川崎医科大学附属病院 内視鏡・超音波センター


第29回 2008年10月18日

1.皮膚疾患の超音波診断
 中島美智子 埼玉医科大学病院 包括地域医療部
2.軟部腫瘤の MRI 診断
 西村  浩 済生会二日市病院 副院長 放射線科

 

第30回 2009年06月06日

1.情報提供
 富士フイルム株式会社
2. 乳腺画像診断−実際の症例をふまえて
 辻本 文雄 聖マリアンナ医科大学 超音波センター

 

第31回 2009年12月12日

1. 情報提供:Revised Direct Strain 法によるエラストグラフィー
 テーマ:末梢動脈疾患の診断と治療の最前線
 谷川 俊一郎 GEヘルスケア・ジャパン(株)超音波研究開発部
2. 末梢動脈疾患に対するIVR -過去・現在・未来- Q&Aのみ
 橋本  統 慶應義塾大学 放射線診断科
3. 末梢動脈疾患の画像診断における超音波の役割り
 平井都始子 奈良県立医科大学 中央内視鏡・超音波部

 

第32回 2010年06月19日

1. 情報提供:腹部領域での超音波3D検査のご提案
 テーマ:胆嚢病変の画像診断と病理
 小崎 正博 (株)フィリップスエレクトロニクスジャパン ヘルスケア事業部
2. 胆嚢病変の画像診断 Q&Aのみ
 関口 隆三 栃木県立がんセンター 画像診断部
3. 胆嚢病変の病理所見 Q&Aのみ
 五十嵐誠治 栃木県立がんセンター 臨床検査部 病理診断科
4. 症例から学ぶ胆嚢病変の超音波診断 Q&Aのみ
 岡庭 信司 飯田市立病院 消化器内科

 

第33回 2010年11月13日

1. 情報提供:腹部領域での超音波3D検査のご提案
 アロカ株式会社 小島 英明
テーマ:腹部超音波けんしん 
2. 『けんしんの疫学と超音波所見判定』
 PL東京健康管理センター 桑島 章
3. 『けんしん超音波検査の心構え』 
 東京海上日動メディカルサービス 前田 純子 先生
4. 『けんしんUSの役割と問題点』 
 東京都済生会中央病院 放射線科 金田 智 先生

 

第34回 2011年06月04日

1. 情報提供:超音波新技術紹介
 東芝メディカルシステムズ株式会社 奈良 和彦
テーマ:スポーツ外傷の臨床と画像診断 
2. 『スポーツ外傷における画像診断の役割』 
 竹林 茂生 先生(横浜市立大学・市民総合医療センター 放射線部)
3. 『2010年南アフリカワールドカップとスポーツ外傷』 
 清水 邦明 先生(横浜市スポーツ医科学センター 整形外科)
        (前ワールドカップ日本チームドクター)
4. 『肘のスポーツ外傷と超音波診断』 
 赤池 敦 先生(横浜市スポーツ医科学センター 整形外科)

 

第35回 2011年11月26日

情報提供:超音波で組織の硬さを測る
 持田シーメンスメディカルシステム(株) マーケティング部 斎藤雅博

テーマ:超音波“画像診断”の現状と将来
    −電子カルテ・IT時代のトレーニング環境−
1. 『奈良医大中央超音波室の現状と今後』 ←約3MB
 平井 都始子 先生(奈良県立医科大学 中央内視鏡・超音波部)
2. 『超音波診断の過去・現在・未来』  ←約15MB
 辻本 文雄 先生(聖マリアンナ医科大学 超音波センター)
3. 『超音波医学用語の問題点 −乳腺を中心に−断』 ←約90KB 
 宮本 幸夫 先生(東京慈恵会医科大学放射線医学講座 超音波診断センター)

 

第36回 2012年06月09日

1.情報提供:『音速補正による画質向上と今後の展開』
 富士フィルム(株) R&D 統括本部 メディカルシステム開発センター 宮地 幸哉
2.情報提供:『Volume Navigation とNeedle Tracking –より安全な穿刺手技のために-』
 GE ヘルスケア・ジャパン(株) 超音波製品開発部 小笠原 正文

テーマ::腹部超音波検査に役立つ婦人科疾患の知識
3.卵巣腫瘍:色とりどりの宝石箱 ←約424KB 
 清川貴子 先生 千葉大学大学院医学研究院 病態病理学
4.産婦人科領域の急性腹症における超音波診断
 峰岸一宏 先生 慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室 ←約910KB 
5.産婦人科領域で知っていると役に立つCT、MRI の基礎知識 ←約5.2MB 
 新本 弘 先生 防衛医科大学 放射線医学講座

 

第37回 2012年12月01日

テーマ:膵疾患の超音波診断
第一部 「膵症例検討 -診断は何でしょう-」
  症例提示・解説 国立がん研究センター中央病院 放射線診断科 水口 安則
●第二部 特別講演
「膵疾患の病理診断」 -最近の知見を含めて-
  国立がん研究センター研究所 分子病理分野・ユニット長 平岡 伸介 先生

 

第38回 2013年06月22日

●情報提供:「アプリオ500と新技術について」
  東芝メディカルシステムズ 営業推進部 有馬健太 先生

● 特別講演 テーマ::「最新:甲状腺疾患(腫瘍)の画像診断と病理」
「甲状腺疾患(腫瘍)のUS」
  がん研究有明病院 超音波検査部 山田恵子 先生
「甲状腺疾患(腫瘍)のCT・MRI」
  埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科 斎藤尚子 先生
「甲状腺疾患(腫瘍)の病理」
  がん研究がん研究所 病理部 元井紀子 先生

(敬称略,所属は講演当時)

 

↑このページのトップへ

 
TOPページ
Rad-US研究会について
開催記録
開催経緯
講演概要およびQ&A
次回研究会のお知らせ
リンク集
推薦書籍
 
事務局:東京慈恵会医科大学 放射線医学講座 医局内